404エラーページをカスタマイズする!

エラーページとは、指定したURLが見つからないときなどに表示されるページのことです。 その場合は「File not found」の表示が出ます。
レンタルサーバー等であれば、レンタルサーバー会社の広告がでちゃうこともあります。

このエラーページですが、簡単に自作エラーページに変更できますので、変えてみましょう。

主なエラー
403エラー・・・そのページのアクセス権がない場合に表示されます。
404エラー・・・そのページが見つからない場合に表示されます。
500エラー・・・CGIにエラーがある場合に表示されます。

エラーページを作成するには、まず「.htaccess」ファイルを用意しないといけません。.htaccessとはサーバーの中枢の頭脳部分を動かすファイルです。この「.htaccess」ファイルに数行加えてサーバーにアップするだけでOKです。「.htaccess」ファイルには以下の3行を書きます。
ErrorDocument 403 http://www.netmania.jp/error.html
ErrorDocument 404 http://www.netmania.jp/error.html
ErrorDocument 500 http://www.netmania.jp/error.html

URLはご自身のサーバーに合わせて変更して下さい。
また、エラーごとに別ファイルを作ることもできます。(私は面倒なので1つのファイルにしてますが・・)

「.htaccess」ファイルを作成すると同時に、エラーページも作成しましょう。エラーページはお好きなように作成してください。
ただし、画像などを使う場合は必ず http から指定して下さい。

サンプルファイル
サンプルファイルを用意しました。ご自身のURLに合わせて「.htaccess」ファイルを書換え、そのままアップロードして下さい。

サンプルファイルダウンロード
エラーページテンプレート


« BACK | NEXT »

HP作成テクニック

最近のエントリー