サイトの作り方

どういったページが検索エンジンにヒットし易いのか?
まず言えること。高度な技術は使わないようにしましょう。

検索エンジン対策をする上で、高度な技術を持ったサイト作りは一切必要ありません。例えば、凝った画像・FALSH・JAVA・・・など。
こういった技術はいりません!

ただ単にHTMLが書ければ大丈夫です。シンプルに作りましょう。

ホットスポットの弊害。Googleのサイトスクロール
以前、ある企業のサイトの検索エンジン対策をした時、あるページから下の階層がGoogleにスクロールされてないということがありました。
(Googleのスクロール:Googleはページからページへリンクを辿ってパージをキャッシュとしてサーバーに蓄積します。)


なぜだろうと思い、そのページから下の階層へのリンク方法を見ると、画像の一部分をリンクにする「ホットスポット」というリンク方法を取っていました。検索エンジン対策のサイトで調べると、Googleはホットスポットを認識しないという一文がありました。
つまり、下の階層へのリンクがホットスポットのみだった為、Googleのスクロールが止まっていたのです。

ページの構成上、イメージ画像からのリンクの方がユーザーに分かり易い為、その画像の上にテキストで同様のリンクを付けました。
すると、下の階層もGoogleにスクロールされるようになりました。
そのサイトを作成した業者は以前DTP(雑誌・ポスターなどの印刷物を作る。)を主にやっていた業者で、サイト自体の見た目は中々良いものでした。しかし、画像やJavaScriptなどを多様したサイトで検索エンジンとは無縁のサイトでした。

依頼する会社と作る業者のスレ違い
A社が、業者にホームページ作成を依頼します。しかし、A社がホームページというものを全く理解してない場合、業者は画像や高度な技術を多様して製作する場合が多いようです。

なぜなら、A社がどういったサイトがWEB上で生きるのかわかってない為、見た目で判断するからです。見た目で判断する場合、業者は画像をたくさん使ったり、FLASHのオープニングを作ったりします。

本当は、業者はこんなサイトはダメなのに・・・と思ってるかもしれません。(私だったら思います。)しかし、A社としては見た目が良ければ満足です。

有名な企業・有名なサイトならそれで通用します。例えば「SONY」で検索して、あの世界のソニーが1番目に来なければ、Googleのエンジンは良くないと思われるでしょう。

ソニーはFALSHを使ったサイトが多いですが、検索エンジン上問題ありません。以前書きましたが、Googleは全てのインターネットユーザーにとって、必要とされ、有用なサイトを上位表示したいのです。「SONY」で検索したユーザーは、あのソニーのサイトを求めているのです。

しかし、中小企業のサイトの場合は違います。有名ではない会社のホームページは少しでも多くの人に見てもらう為、検索エンジン対策をしたサイトを作成しないといけません。
大企業のホームページのマネをしてはいけません。

今のWEB業界には、作成を依頼する企業と、受注する業者のスレ違いがあると感じました。


« BACK | NEXT »

SEO・検索エンジン対策

最近のエントリー