フィッシングメールが来た!

パソコン関連  2007/5/30

先日「シティバンクからの大切なお知らせ」というメールが私のメールボックスに届きました。
Eメール発信元ドメイン名が「citigroup.com」から「citi.com」に変更となったということです。
citi.comですから一見有り得そうですが、実はフィッシングメールでした。つまりウソ。

このメールを見て私は一瞬でウソとわかりました。
なぜならば、Gmailの強力なスパムフィルタのおかげです。

届いた時点で迷惑メールフォルダに振り分けられ、メールを開くと親切に「警告: このメッセージは、送信者情報が変更されている可能性があります。リンクの操作や送信者への個人情報の提供は、慎重に行ってください。」と赤く表示されていました。

だから、騙される間もなくフィッシングメールとわかったのです。
こういった場合、世界中のGmailユーザーからの迷惑メール情報をスパム対策に生かすことができているGmailは効果抜群です。通常の個人用メールソフトであれば、普通に受信メールに入ってきます。

ちなみに実際のメールは以下のような感じです。
クリックすると拡大しますのでご覧下さい。


«BACK   NEXT »  

WEBコラムカテゴリー

最近のエントリー

月別アーカイブ