クリーンインストール終了!

パソコン関連  2006/7/12

パソコンを購入してから、初めてのOSクリーンインストールを行いました。
変なドライバを入れてから、OSが全般的に不安定になり、特定のソフトの起動ができなくなりました。
原因をいろいろ探しましたが、結局Windows XP を最初から入れ直すことに決定…

クリーンインストールという言葉に馴染みがない方の為に説明すると、
OS(Windows)を上書きしたり、修復したりするのではなく、一旦ハードディスクの中身を全て消して、OSを最初から入れ直す手法です。

パソコンを酷使し過ぎたり、変なソフトを入れて不安定になった場合に良くやります。
ただ、設定やファイルは全て消えますので、予めデータを全てバックアップする必要があります。

私の場合はDELLパソコンですので、まずはDELLのサポートページでクリーンインストールの方法をチェック。親切にも、「OS・ドライバ再インストールガイド」というコーナーがありましたので、該当するページを印刷しておきます。(再インストール中はパソコンが使えませんので)

次に、全ファイルをバックアップです。
全部で50GBくらいありましたので、DVDに焼くにしても10枚近く必要ですから、外付けHDDにバックアップ!
各種設定ファイルも、もれなくバックアップしておきます。

一通り確認ができた所で、OSのCDを入れてブートさせます。
あとはアナウンスにしたがって、ハードディスクのフォーマットとパーティッションの再設定をしました。
そして1時間ほどで、クリーンインストール終了。

Windows XPが無事立ち上がりましたので、ドライバを入れて必要なソフトとファイルを戻して完了です。

動きを試すと、やはり快適であり、無駄なソフトもエラーも出ません。
Windowsは使えば使うほど不安定になりやすいですので、定期的にOSの入れ直しをお勧めします。
但し、メーカーのサポートページの印刷と完璧なバックアップは必須です。


■本日の楽天ランキング1位
ロジテック 250GB外付けHDD(ハードディスク)LHD-EC250D4 MyShop特別モデル[送料無料]
MyShop価格 10,000円 (税込10,500円) 送料別

«BACK   NEXT »  

WEBコラムカテゴリー

最近のエントリー

月別アーカイブ