データの復元?

パソコン関連  2006/1/18

世間を賑わせているライブドア問題。
そのニュースの中で頻繁に放送されている言葉が「データの復元」。
この言葉を聞いて、えっ?と思った人も多いのではないだろうか。

そもそも、データを消したのになぜ復活できるのか。
windowsではデータを消す場合、削除したあと「ゴミ箱」に入り、その後ゴミ箱を
空にすることで事実上データが消える。

しかし、ゴミ箱を空にしてもデータは復元できるというのがニュースで言っていることだ。
それは本当なのか?

本当です。

これは知らない人が多いが、ゴミ箱を空にしてもパソコン上は消したことにしているだけ
である。実はHDDの中にはきっちりとデータが残っている。
言わば、紙に書いた文章の上から修正テープを貼っている感じ。

見た目は文章が消えているし、上からもう一度書けるが、修正テープを剥がしたら元の
データがお目見えする。
だから、これと同じようにデータが復活するのだ。

次に、どうしたら復元できるのか?
特捜部がどんなシステムで復元しているかは知らないが、一応誰でもカンタンに復元できる。
代表的なソフトがその名の通り「復元」

復元ベクターダウンロード

上記ソフトをダウンロードして実験してみて欲しい。
使い方はソフトを立ち上げて、「削除ファイル検索」を押すだけ。
すると、ズラズラーっと削除したファイルが出てきます(パソコンによるが)。

こんなにカンタンに削除したファイルを復元できるのです。
次に、考えるのが完璧に消すにはどうしたら良いのか?
これも、先ほどの復元ソフトの「完全削除」を実行したらできます。

ただ、完全削除はいろいろな方法がありますので、興味がある人は検索して下さい。
この完全削除は先ほどの修正テープの例で言えば、紙に書いた文章の上からボールペンで
黒く塗りつぶすような感じです。塗りつぶしたら復元は難しいですよね。

この完全削除は、特に中古でパソコンを売り出す人や機密データを所持している人は是非頭に置いて下さい。

«BACK   NEXT »  

WEBコラムカテゴリー

最近のエントリー

月別アーカイブ