インターネットのキャッシュ

パソコン関連  2006/1/ 7

ホームページを更新して、更新したから確認するように言うと、
「更新されてないよ」と言われることがよくある。
サーバーに新しいファイルをアップロードしたのは間違いない。

こんな場合は決まって「キャッシュ」の存在を知らない。
ホームページは当然IEなどのブラウザで閲覧するのだが、そのページを表示した際、自動的にページデータが保存される。

データが保存されるメリットは、次回アクセスした際、保存したデータが表示される為、表示が速くなる点だ。
ただこれは、ダイヤルアップなど回線が遅い時代に必要とされた機能かもしれない。
今は回線が速いのでそれほど必要ないと思われるが、標準でキャッシュが保存されるようになっている。

この機能によりキャッシュが保存され、それが表示される為最新のデータは表示されない。
これを回避するには、ブラウザの「更新」を押すと最新のデータが表示される。
知らない人が結構多いので、書いてみました。

YAHOO用語集「キャッシュ」
http://help.yahoo.co.jp/terms/detail/000/077.html

«BACK   NEXT »  

WEBコラムカテゴリー

最近のエントリー

月別アーカイブ