暗証番号は大丈夫?

パソコン関連  2006/1/ 1

メールボックスのパスワード。会員サイトのパスワード。銀行のパスワード。
全て同じの人はどれだけいるでしょうか?
これから、パスワードやIDを登録する場面はどんどん増えます。

その際に覚えやすいからと言って、共通のパスワードを使うのは大変危険です。
例えば、私のサイトで会員制のページを作るとしましょう。
その際、パスワードはもちろんのこと個人情報も登録させるとしましょう。


そうすると、そのデータは悪用しようと思えばかなり使えるデータとなります。
最初に書いたとおり、パスワードを全て共通にする人が大変多いのです。
そのパスワードと個人情報を使えば、メールボックスを覗いたり、その人のサイトを改竄したり、銀行から不正にお金を引き出すこともできるかもしれません。


では、その対策ですが、パスワードを最低2つ持ちます。
そのパスワードはもちろん、誕生日や電話番号などはダメですよね。
私が日常使っているのは、「ks5yIkn6」などのようなランダムパスワードです。

これは、学校でメールアドレスを配布された時のパスワードです。
※上記パスワードは適当に打ったもので、何にも関係ありません(笑
学校で配布されるときは、大抵ランダムな数字です。それを変更できなかった為、覚えたのです。


こういったランダムなパスワードは、1回覚えると勝ちです。
全く推測されないパスワードであり、安全です。
このパスワードは、メールボックスやホームページのパスワード、ネット銀行のパスワードなどセキュリティが求められる場面に使いましょう。


また、あまり良くありませんがランダムパスワードをキーボードの配置で覚えるのも手です。「4rfv5tgb」これは、キーボードを4から斜めにVまで、5からBまで打っただけです。そのパスワードを覚えるのではなく、打ち方を覚えておく。
こんな方法や、「ainamten」netmaniaを逆にするだけの方法もあります。
とにかく、推測されにくい点が重要です。


次に会員制サイトや登録しないといけないサイト用のパスワードを用意します。
これは、ある程度覚えやすいパスワードで良いと思います。
しかし、上記のメールボックスなどのパスワードと決して同じにしてはいけません。


悪用されるのがオチです。
これからもネット上で登録する場面がどんどん増えてきます。
その為にも、キチッとパスワードを決めておきましょう。
特に、ランダムなパスワードを1つ覚えることをお勧めします。


あなたのセキュリティの為に。

«BACK   NEXT »  

WEBコラムカテゴリー

最近のエントリー

月別アーカイブ