HP改善で株価上昇

ホームページの内容を改善することで、長期的な株価上昇効果につながる明確な相関関係がある。
大和証券グループ本社と慶応大学BSがHPと株価動向についての研究結果を発表しました。
特に個人向けにはホームページによる情報発信が重要という結果です。

--------------
東京証券取引所1部上場の伝統的な大手企業(1999年以前に上場)に限ると、ホームページ評価の改善と株価上昇には統計的な連動性が認められた。この連動性は、分析に営業利益の変化率など業績要因を加味した場合と、除外した場合で変わらず、ホームページ評価の改善の明確な株価効果であることを示したという。
http://www.business-i.jp/news/kinyu-page/news/200609220005a.nwc
--------------

今や企業にとってホームページの位置づけは、非常に高いものとなっています。
会社のイメージであり、会社の信用性、会社の評価となります。
学生でも社会人でも会社を調べるときは、まずホームページからチェックする人が多いと思います。

特に就職活動中の学生にとっては、その会社の情報・イメージはホームページから創られるのではないでしょうか?特に大手企業ではない会社の場合。
それほど会社のイメージにとって大きい影響力を持つホームページ。

その力を分かっている会社は当然ホームページに力を入れ、資金を投入します。
特に新卒採用ページでは毎年リニューアルするのは当然ながら、全面FLASHで作成したり、動画を公開したりと企業によっては物凄い力を入れています。

この重要性の意味がわからない会社は、単にリクナビだけに登録し、応募が来ないと嘆いてるのではないでしょうか。
ホームページは株価のみならず、あらゆる会社イメージを形成します。
できる限りの資金と時間をかけるべきです。
また、内容のみならず当然デザインも重要です。


新卒採用サイトに力を入れている会社…
http://www.oracle-academy.com/
http://www.vodafone.jp/japanese/company/recruit/shinsotsu/
http://www.dip-net.co.jp/recruit/shinsotsu/
http://www.mitsubishi-fuso.com/jp/corporate/recruit/2007
https://nec-recruiting.com/2008/

«BACK   NEXT »  

WEBコラムカテゴリー

最近のエントリー

月別アーカイブ