あて名変換サービス

オークションは便利で安くて面白いが、自分の個人情報を知らない人に教えるのは抵抗があります。
最近は私設私書箱サービスがたくさんあるように、女性は特に自分の個人情報に敏感です。
そんな中、楽天と郵便局が提携し何やら面白いサービスを始めました。

その名前は「あて名変換サービス」。
楽天は、ネットオークションで取引が成立した際、出品者、落札者双方に同じ識別番号を付与。出品者は差し出しラベルにその識別番号と自分の住所、氏名を書いて郵便物にはり郵便局の窓口に出す。

 郵政公社は楽天から提供された識別番号により出品者と受取人を照合。出品者の出したラベルを受取人の個人情報のみを記載したラベルに交換、商品を配達する。このため落札者側も出品者に個人情報を知られない。

カンタンに言えば、識別番号を利用することで双方の個人情報を隠すサービスです。
識別番号から個人情報への切り替えは郵便局がやってくれるので、自分の個人情報は相手にわかりません。
その為、個人情報を保護しつつ安全な取引を目指すサービスです。
ヤフーはこのようなサービスはまだないですが、今後動くことは間違いないと思います。

他にも郵便局では、JRと提携してポーターサービスという面白い試みをしたりとサービス拡充に力を注いでいるようです。
今後、どのような新しいサービスが生まれるか楽しみです。


あて名変換サービス

«BACK   NEXT »  

WEBコラムカテゴリー

最近のエントリー

月別アーカイブ