駐車違反取り締まり…

本日より駐車違反取り締まり事務の民間委託が始まりました。
変わった点の1つとして、違反状況をデジカメで撮影してその場で印刷すること。
これまでに比べたらかなりデジタルちっくです。このデジタル化で何が変わるのか?

専用端末に搭載されているデジカメは100万画素以上であり夜間撮影にも対応。
写真は3枚撮影され、全体撮影・ナンバー撮影・駐車違反ステッカーを貼り付けた写真となります。
撮影したナンバー写真は自動で文字情報を読み取り、年月日時を自動記録。
また、地図データから違反場所の見取り図を作成する機能も。

もちろん、撮影したデータは端末内でデータを改ざんしたりデータを取り出したりすることは不可能であり、警察の専用パソコンにだけ読み込ませることができます。
その為、端末で撮影した写真やデータは証拠能力抜群となり、言い逃れはできません。

賛否両論ある新しい駐車違反取締りですが、今後どうなるのでしょうか?
ちなみに駐車監視員になるには、講習を受けた上で試験に合格する必要があります。費用は約2万円です。

↓これが端末らしいです。

※都道府県により機材は違うようですが・・・

«BACK   NEXT »  

WEBコラムカテゴリー

最近のエントリー

月別アーカイブ