オークション利用料は2%UP?

今後のヤフオクについてプレスリリースが出ていました。
一番の注目点は、落札システム利用料が3%から5%へ変更されることです。
まるで昔の消費税アップのようです。10,000円の商品ならば利用料はいくらでしょうか?

10,000円の商品を売ると…

今は利用料が3%だから300円。5%になると500円。
その差額は200円。

ただ、忘れがちなのが消費税です。
実際の金額は、

現在:105%×(10,000円×3%)=315円
今後:105%×(10,000円×5%)=525円

その差額は210円です。

ただ2%アップと言っても単純に利用料は約1.7倍になっており、金額が大きくなれば差額は大きくなります。
10万なら2,100円、100万なら21,000円アップですね。年間を通じたら数百万円分の出品をする人はたくさんいるでしょう。
システム増強の為の値上げと言ってますが、それほど資金に困ってるようには見えないですが…

そして、利用料アップと同時にもう一つ気になったのが、「アフィリエイトプログラムの導入」です。
CNETの記事でもアフィリエイトについて…

たしかに出遅れた感はあります。しかし、とりあえずアフィリエイトにしても他社に追いついたと思っています。追い越すことは可能なので。

アフィリエイト導入ということなので落札金額の1%~の報酬となると思いますが、これを導入する為にも利用料を2%アップさせた感じがするのは私だけでしょうか?

既に生活の一部として利用する方も多くなったオークションですが、利用料アップはたくさん利用する人には大きいハズです。
しかも2%アップと言っても、実際は1.7倍です。
そして落札者も出品者もロリポップレンタルサーバーより高い、月額294円のプレミアム会員費を支払っています。(3月末時点のプレミアム会員は615万人。月間18億の固定売上)

一強他弱ではなく、殿様に対抗するライバルが成長して欲しいですよね。

«BACK   NEXT »  

WEBコラムカテゴリー

最近のエントリー

月別アーカイブ