JNBワンタイムパスワード標準化

ジャパンネット銀行がワンタイムパスワード方式に全面移行するようです。
これは、キーホルダー形式の暗証生成装置を配布し、口座にログインする際、1分ごとに
暗証番号が変化する装置を見て暗証番号を打ち込むシステムです。

株式会社ジャパンネット銀行(東京都新宿区 代表取締役社長:藤森秀一)は、(1)本年5月より一部休眠口座を除いた約130万名のお客さまにトークン形式のワンタイムパスワードを配布し、(2)配布完了めどの本年9月からすべてのネット決済をトークン形式のワンタイムパスワードによる取引認証に統一いたしますので、お知らせいたします。

私も口座があり、頻繁に利用していますが、外出先でネットから振り込みたい場合は、暗証生成装置を常に持ち歩く必要があります。
この装置については、以前テレビで紹介されてましたので知ってましたが、実際に実用化されるのは国内初です。

このニュースについて要約
・全てのユーザーが切り替え対象。
・暗証生成装置がないとネットバンキングへログインは不可能。
・暗証生成装置は1分ごとに番号が変わり、JNBのサーバーと時刻を合わせることで照合される。
・口座維持手数料は現在の月間105円から月間189円へ値上げ。

企業が利用するのはセキュリティが高まっていいですね。
ただ、個人はどうでしょうか?できれば選択させて欲しかったです。

JNBニュースリリース

«BACK   NEXT »  

WEBコラムカテゴリー

最近のエントリー

月別アーカイブ