なんでもできます!

サイト製作  2006/11/20

今日お会いしたWEB系の製作会社の方が言っておりました。
営業マン曰くホームページ製作からシステムまでなんでもできるというがアピールポイントらしいです。
「なんでもできる」と言える根拠は何でしょうか?実績などを見ても「できる」とは考えられないのです。

私の経験上「なんでもできる」と言う製作会社でスゴイ会社・使える会社は見たことがありません。
本当になんでもできる会社は、何ができるかを具体的に言いますし、軽はずみに「できる」と言うと大変なことになると知ってるから簡単には言いません。
特に大手になればなるほど、事実として何でもできますが、打ち合わせでは決して安易なことは言いません。

ただ、「なんでもできる」と言えば素人には聞こえが良いかもしれません。
この会社に任せれば大丈夫なんだと考えられるからです。
しかし、その中身をプロの目から見ると、とてもなんでもできると言えるレベルではないのです。

アクセス数の定義と同じで、WEB作成において「できる」と言える定義が曖昧なのも問題です。
アクセス数と言っても、会社・個人によって解釈に隔たりがあります。
トップページだけをアクセス数と言ったり、サーバー全体をアクセス数と言ったり、ユニーク・PVの違いであったりと、この数字が「アクセス数」という定義がないのです。

ですから、同様にWEB製作においても自分たちの解釈で「できる」と言いますから、後々解釈の違いが出てくるのです。
例えばFLASH。単純に文字をスクロールさせるだけの技術で「できる」と言う人がいます。実際に!
しかし、それだけの技術では実際の現場では全く役に立ちません。

ただ、基準がない為「できる」と言ってしまうのです。
大抵の場合、製作会社の言う「できる」は当てにできません。
その為、製作実績を確認しながら、できるできないを自分の目で確認するのが肝心です。

また、一流企業の製作実績があるからと言って、安易に大丈夫と思わないことも大切です。
基準がないからこそ自分で、ある程度の勉強をしてジャッジできるようにするべきなのです。

«BACK   NEXT »  

WEBコラムカテゴリー

最近のエントリー

月別アーカイブ