ホームページ制作者

サイト製作  2006/3/13

前も書きましたが、HP制作技術を持った人材は非常に必要とされています。
しかし、その人材を見つけるのが非常に難しいのが現状です。
ただ単にホームページが作れると言われても、どの程度のレベルかわかりません。

最近ではホームページ管理を外注ばかりに頼らず、社内で更新作業を行う企業や、
ホームページ作成の技術者の採用を行う企業が増えています。
しかし、いざ採用してみたが初心者レベルの技術しかなかったのでは困ったものです。

それに実際に業務をやらせてみないと、できるかできないか判断できないこともあります。
そんな時の人材の見つけ方の一つとして、実際に個人サイトを運営している人を引き抜く方法があります。
デザインの優れたサイト、人気のあるサービス、優秀なスクリプトを公開している個人サイト運営者は実際の現場でも活躍できる可能性が大です。

なぜならサイト自体が履歴書の変わりとなり、サイトを見れば技術レベルがわかるからです。
実際に個人サイト運営者がヘッドハンティングされる例は多々あります。
優秀で有名なサイトだが、ここ数年更新がない・・・といったサイト運営者は既に企業の業務をこなしている可能性が高いです。

サイトを構築する→運営する→人気が出る→仕事の依頼がくる→仕事の依頼が増え更新が滞る・・・

逆に言えば、自分の技術をフル活用してサイト運営をすることにより、サイトが履歴書となって仕事を呼び込む可能性も十分あり得ます。
自分の技術に自身がある方、WEB業界で働きたい方は是非自分のサイトを構築しましょう。
確かな技術を持っている方は仕事の依頼がきます・・・

«BACK   NEXT »  

WEBコラムカテゴリー

最近のエントリー

月別アーカイブ