WWWの有無

サイト製作  2006/3/ 6

ホームページのURLには大抵の場合「WWW」がついています。
しかし、WWWがなくても閲覧は可能であり、ないURLを標準とするサイトもあります。
どちらでもOKですが、実はWWWの有無をしっかり決めて運営した方がお得なのです。

検索エンジン対策的にはWWWはサブドメインとほぼ同じ扱いです。
WWWがあるページとないページは基本的には別ページと認識されます。
検索エンジン対策をする上で、被リンク数が多ければ効果があると言われていますが、WWWをつけた被リンクとWWWのない被リンクが混合する場合、確実に効果が分散されます。

この場合、どちらでも良いですが、しっかり決めた方が得なのです。
その点の重要性に気づいているのが「トヨタ自動車株式会社が提供するGazoo.com」
このサイトは、WWWを付けないURLに統一しています。

その証拠に以下、WWWがないURLです。
http://gazoo.com

正常に表示されます。

次に、WWWをつけたURLです。
http://www.gazoo.com


アクセスすると…

いつもGAZOO.com をご覧いただきましてありがとうございます。

http://www.gazoo.com/は下記のアドレス に移転しております。

今後このアドレスは使用不可能になりますので、リンクを張り替えてひきつづきご利用ください。

新アドレスhttp://gazoo.com/

WWWをつけたURLでは、上記の通りアドレスが違います。と案内が出ます。
恐らくしっかりと切り分けしたのは最近だと思われますが、WWWの有無の違いに着眼しています。
そして、先ほどWWWのあるページとないページは別物と書きましたが、ページランクでは

ページランク
【6】 http://gazoo.com
【3】 http://www.gazoo.com


3と6の違いがあり、完全に別ページとして認識されていることが確認できます。

WWWの有無をしっかり決めて運営する。
些細なことですが、後々大きく影響が出てきます。

«BACK   NEXT »  

WEBコラムカテゴリー

最近のエントリー

月別アーカイブ