Yahoo検索はドコにいくのか?

ポリシーがない、基準があいまいなど、あまり良いウワサを聞かないYahooの検索結果ですが、不安定なアルゴリズムの更新により一喜一憂している人が多いのではないでしょうか。
一方グーグルは2003年11月の大規模なアルゴリズム変動以来、大きな変化はなく安定しています。

検索結果についてもYahooよりもGoogleの方が遥かに検索精度が高く、その差はかなり大きいと個人的には感じています。モバイルでは更に差が開いているように感じます。しかし、日本ではいくらGoogleの精度が高くてもYahooを使う人が圧倒的に多く、ネット上で商売をするにはYahoo対策が不可欠です。

そのYahoo検索エンジン対策について、とある情報では現在のYahooでは披リンク数の単純な数字が大きく評価されているようです。
Googleではスパム扱いされるような行為がYahooでは高く評価されてしまっている現象が起きているため、グーグルの検索結果では到底上位に表示されないであろう、中身の薄いサイトがYahooでは1位を争っていたりすることが増えています。

しかし、中身の薄いサイトがリンク数を増やしたり、Googleでは通用しないような方法で上位表示されるようになると、検索の精度は当然下がります。本当に欲しい情報が掲載されているサイトに辿り着けないのです。

また、イメージ的にはGoogleはSEO対策業者を相手に、手のひらで転がすように楽しんでいるような感じですが、YahooについてはSEO対策業者に苦戦しているようなイメージです。
アルゴリズム変動、大幅な順位変動はそれを象徴しているのかもしれません。

また、Googleは自信ないがYahooは任せてください!というSEO業者がちらほら見受けられます。
Yahooは比較的簡単に上位表示が狙えるということでしょう。

しかし、Googleの検索結果が「正」だとするとYahooは「誤」であり、当然Yahooは精度を上げようとしますが買収を重ねたシステムであるため、なかなか難しいのでしょう。
Yahooが今後Googleの域まで到達できるかはわかりません。

現在の検索結果が間違いであるよう願います。
(※最近スポンサーサイト広告のクリック数向上のために、Yahooの検索結果の横幅が固定されましたね。)


※グーグルでは上位なのに、ヤフーやMSNでの順位が低いのはなぜか?
http://web-tan.forum.impressrd.jp/e/2008/03/21/2841

«BACK   NEXT »  

WEBコラムカテゴリー

最近のエントリー

月別アーカイブ