Youtube だけ。

Youtubeがどんどん日本のネットライフに浸透しています。
私の考えとしては、国内ではYoutubeと同じような日本語サイトが使われるのでは…と思ってましたが、どうやらYoutubeだけになりそうな感じです。それにしても、なぜここまで浸透したのか。

まず、Youtubeは海外サイトですからメニューなど全て英語です。
次に国内でも同じようなサービスはありますし、色々な会社が新規参入しています。

この基本的な2点だけを考えても、国内サービスに移行してもよさそうですが、現実はYoutubeの一人勝ちです。その理由を考えると、まず最初にサービスを始めた点で国内のユーザー数はダントツです。
次にユーザーは何が見たいのか?

新規参入している国内サービスのコンセプト「ユーザーの撮影・編集したビデオを発表する場として…」とは違いWinmxやWinnyと同じく著作物である映像が見たいのです。

テレビ番組、アニメ、PVなどの著作物です。
特にテレビ映像は、話題となったテレビを見逃してもYoutubeで検索すると見られる。という便利さがあります。最近で言えば、亀田系の映像や甲子園、今日のニュースでは24時間テレビの話題など。
これまでだったら、一度見逃したら二度と見ることはなかった映像です。

ただ、著作物ですから国内のサービスであれば極端に厳しくする必要があります。
しかし、Youtubeは海外のサービスですから、著作物に対して即座には対応していません。
この点もユーザーにとって魅力的なのでしょう。

これから、国内サービスとYoutubeがどうなるかはわかりませんが、情報の原則として1度得た情報は、2回も3回も必要ありません。
Yahooで見たニュースはgooで再度見る必要はないのです。

だからこそネットの世界は一強他弱です。

その構図はこれまで、国ごとにありましたが、Youtubeの例を見るとジャンルによっては国を跨いで一強他弱の構図が出来上がりつつあると感じました。

«BACK   NEXT »  

WEBコラムカテゴリー

最近のエントリー

月別アーカイブ