キーワード広告は自分で

数年前はYAHOO、Googleなどのキーワード広告は代理店を通して行うことが当然でした。
しかし、最近の流れとして代理店は通さず、自分(社内)でやるのが定番になりつつあるようです。
その最大の理由は20%の代理店手数料とユーザーのレベルアップです。

まず、代理店に依頼した場合オーバーチュア広告であれば20%の手数料を請求されます。
100万程度のの広告費であれば、手数料は20万程度なのでまだ妥当です。
しかし、これが例えば2,000万円をオーバーチュアに投じることになったら、400万円もの手数料を代理店に支払うことになるのです。

いくらメンテナンスや、広告効率を上げると言っても400万円は支払い過ぎです。
400万円支払うのであれば、単純に400万円以上の対価が必要です。

それに、オーバーチュアの広告管理は意外と簡単にできるものです。
そこまで労力もかかりませんし、1日15分程度のメンテンナンスで十分ではないでしょうか?

また、400万円の手数料を払うのであれば人を雇った方が得になります。
キーワード広告が一般的となり、広告予算も各社毎年上がっている為、この代理店離れの動きはそれほど不思議ではありません。

当然ながら、この代理店離れでキーワード広告を扱う代理店が少々焦ってるのは言うまでもありません。
物凄く利益率の高い商品ですからね。

«BACK   NEXT »  

WEBコラムカテゴリー

最近のエントリー

月別アーカイブ