YAHOO!の登録方法

YAHOOに登録するのは難しい?
1日5億ページビューを誇るヤフーに登録されることは、WEBマスターにとってうれしいことである。昔は、どんなサイトでも登録されていた頃があったが最近は、審査が厳しくなり滅多に登録されない。

企業サイトに至っては、52500円を支払わないと、見てももらえない。
しかし、検索エンジンを使う目的は便利な欲しい情報を探す為である。

例えばオリンピック。オリンピックが行われる年に公式サイトが登録されてないヤフーは使えるだろうか?世間的に必要なページは、有無を言わずヤフーは登録するのだ。ここにヤフーに1ヶ月以内に登録されるカギがある。
WEB上には、様々なヤフー登録に関する方法があるが、難しいことは言いません。

一ヶ月以内に登録される方法
それは、世間的に必要とされるホームページを作るのだ。こういうと、難しいと思われるかもしれないが、そんなことはない。
過去にちょっとでも、又はこのネットマニアを見て作ってみようと少しでも思った方。あなたでもできるのです。

まず、カギである、世間体に必要とされるページを例をあげて考えてみましょう。最近、最も良い例が「平原綾香」。
昨年、1人の女性歌手がデビュー前から有線チャートで大旋風を巻き起こしていた。「

誰が歌っているの?」「何という曲なの?」そんな問い合わせが殺到した。その彼女が1ヶ月前「Jupiter」というデビューシングルをリリースした。デビュー当時(と言っても1ヶ月前)ヤフーで検索すると公式ページしか出てこなかった。それが、ほんの少し前、ファンページが登録されたのだ。

ファンページが開設された日は12月17日。今日は1月5日。恐らく、開設後二週間以内に登録されている。
そのファンページは、公式ページや新聞から抜き取った情報を並べ、掲示板などを設置しただけのもの。言わば誰でも作れるページだ。

勝敗はスグ動けるか
誰でも作れるページ。しかし、ほんの数時間やるかやらないかで、ヤフーに登録されたサイトを持てるかが決まるのだ。
現在ヤフーに登録されているサイトと似たようなサイトを作っても、全く審査の対象にはならない。

しかし、必要とされているのに「今ない」ページは即登録されるのだ。
このようなサイトを登録するかしないかは、検索エンジンの便利さと繋がっていく。

あなたも、世間の流れに目を向けてサイトを作ってみませんか?
流れに乗れるならば、即登録されます。それも一ヶ月以内に・・・

※2004年の記事です。。

«BACK   NEXT »  

WEBコラムカテゴリー

最近のエントリー

月別アーカイブ