フォトリアルCG

CMや雑誌などで見る自動車や家電製品、携帯、ipodなどの写真は異様にキレイです。
少し前まではキレイな写真を見て腕の良いカメラマンと画像補正技術はすごいなぁと思ってました。しかし、実際はそのほぼ全てがフォトリアルとも呼ばれる3DCG作品だったのです。

私も詳しいことは良く知りませんがCINEMA4D、Maxwell Render等を利用して3DCG、つまりパソコンを使って写真よりもキレイな写真を製作するのです。
ホームページ上にもCGを使った写真はたくさんあります。ビール、携帯、家電、お菓子、飲料・・・などイメージが重要な製品のホームページで製品写真を見てください。
明らかにキレイ過ぎる写真が多数あります。

少し前までは企業もCG作品を使うことに抵抗感があったと思いますが、最近はCGを使うことがごく普通のこととなっています。
同時に3DCG作品を作れる人材需要はこれからも益々向上していくでしょう。

※3DCG製作者 http://www.photonworks.net/

«BACK   NEXT »  

WEBコラムカテゴリー

最近のエントリー

月別アーカイブ