WEBサイトの横幅

横幅800pxのディスプレイでも閲覧するこができるように、WEBサイトの横幅は800px以下が基準でし"た"。
今でもほとんどのサイトが700~800px程度で作られていますが、ディスプレイ解像度の拡大と浸透により1024pxのディスプレイを基準としたWEBサイトが登場し始めています。

最近リニューアルした賃貸物件情報検索サイトのエイブルでは、800pxをゆうに超えて980pxの横幅でリニューアルをしました。同業のアパマンショップと比べても、その横幅の広さがわかります。

私もまだ、1024pxを基準としたWEBサイトを製作したことはないですが、エイブルの場合地図検索を生かすためには横幅を出来る限り拡大する方がベストと考えられます。
しかも、このように1024標準のサイトが増えてくると、800基準のサイトが狭く感じてきます。

ただ、1024基準といっても実際に1024のディスプレイで見ると、横幅ギリギリで窮屈な印象です。
その為、1024ではなくそれ以上を基準としたサイトと言えるでしょう。
どちらにしろ今後WEBサイトの横幅が広がっていくのは間違いないといえます。

«BACK   NEXT »  

WEBコラムカテゴリー

最近のエントリー

月別アーカイブ