電気屋さんがネット企業

ブログランキングで人気の「ブログ村」の運営会社情報を見てビックリしました。
新興のネット企業かと思いきや「株式会社ムラウチドットコム」家電製品の通販は有名ですが、会社概要を見ると面白い。1912年の醤油工場から始まり、村内テレビ⇒家電販売⇒オンラインショッピング…

注目すべきは、システム会社ではない企業が「ブログ村」というインターネット事業をやっていることです。
これまでネットサービス系はベンチャーだったりヤフーなどの大手IT系会社が手がけていました。
それを家電販売を手がける「株式会社ムラウチドットコム」がブログ村をやっているのです。

ムラウチドットコムとブログ村のホームページを見比べると、デザインや作り方が全く違いますので、恐らくほとんどの部分を外注していると思います。サーバー管理も大変ですし。(※あくまで予想)
しかし、この方向性は今後も十分あり得ると思います。

数年前と比べるとホームページ製作・システム会社の数も多くなり、そのレベルも大幅に上がっています。
その為、アイデアとお金さえあれば依頼するだけで、ブログ村のような時代に即したサイトが出来上がるのです。
(※ブログ村が完全外注かは知りません…)
わざわざシステムやホームページデザインを自社で考えることも、開発・研究する必要もありません。

そんな時間と人材を入れる余裕があるならば、外注した方が断然早くて安上がりとなります。
実際にブログシステムやSNS、ランキング、ポータルシステムなど世の中に出ているシステムのほとんどが、ある程度のシステム屋であれば発注することができます。

受注する側も、今までの製作コードや出回ってるシステムを参考にすることで、昔より遥かに簡単に短時間でシステムが出来上がってしまうのです。
同時に、既に一般的なシステムについてはどんどん安価になっています。

1つ面白い事例があります。
ホームページ上から問い合わせをする「メールフォーム」。
皆さんもご存知の通り、ネット上では山ほどシステムが転がっています。
もちろん、タダで手に入れることも可能です。

しかし、インターネット初期の時代にこのメールフォームの見積もりが100万円もしたことがあるのです。
これは聞いた話に過ぎませんが、十分考えられる価格です。
メールフォーム1個の開発が100万円。それが今は無料…

システム業界はこのような価格の下落、システムの普及が繰り返されています。
このような業界の流れを考えると、今後はいかに外注して自分の目指すホームページを作れるかが1つのポイントと考えられます。ホームページデザインからシステムまで全部外注するのです。

製作会社から考えると、他と同じような技術しかないのであれば、今後は価格競争に巻き込まれます。
生き残るのであれば、独自の技術を今から開発していく他はありません。
これから、勉強しようとしている人も「オリジナル」を考えて勉強することをお勧めします。

«BACK   NEXT »  

WEBコラムカテゴリー

最近のエントリー

月別アーカイブ