流暢な日本語ですね。

機械が発する日本語って音程がガクガクしたり、イントネーションが変だったりしますよね。
しかし、ペンタックスが開発している「VoiceText」は人間の声に近い自然な音質の合成音声を作ることができるのです。それは、人間が話しているのと同様レベルで音声が聞こえてきます。

普通の音声読み上げならば、1音ごとや単語ごとの音声を繋ぎ合わせるだけです。
しかし、VoiceTextは、テキスト文の平坦な読上げにとどまらず、文章を解釈しながら発話ができる音声合成ソフトウェアなのです。

とりあえず、だらだら書くよりも実際に体験してもらった方が早くてわかり易いですので、以下デモページをご覧下さい。

http://voice.pentax.co.jp/pentaxtts/ttsdemoplay.asp

文字列を入力すると、その文章を流暢な日本語で発音してくれます。
「。」「、」スペースなども認識しますので、自動で音声を区切ってくれます。
複雑な文章はやはり違和感がありますが、「お電話ありがとうございます。」などの基本的な会話は機械音声とは思えません。
また、噛むことは当然あり得ません(笑

既に様々な分野でこの技術が使われており、知らないうちに機械音声と会話してることもあるかもしれません。
この技術を色々組み合わせたら面白いですね。ちょっとビックリしました。

«BACK   NEXT »  

WEBコラムカテゴリー

最近のエントリー

月別アーカイブ