使い易い入力フォーム

会員登録や資料請求で何かと入力する機会のあるフォーム。
このフォームの使い勝手によって、登録率や反響率がかなり違うと思います。
最近、感心したのはハンゲームの会員登録フォームです。入力するのが面白い…

Javascript を駆使したと思われるハンゲームの入力フォームは動的です。
1文字入力する度にアナウンスが表示されます。
例えばハンゲームIDを登録しようとすると、

[a]半角3文字・全角2文字以上入力してください。
[aaa]他の方が使用しているIDです。
[aaa1999]入力されたID「aaa1999」は使用できます。

と、アナウンスが次々変わって表示されます。
入力ボタンを押した後に警告される場合や、ボタンを押してIDをチェックするフォームはたくさんありますが、動的はあまり見ませんね。

また、メールアドレスの入力でも入力中にメールアドレスのチェックをします。
正しい形式ならばOKと表示されます。
そして、ダメと言われても必ずやってしまうメールアドレスのコピー&ペーストはこのフォームではできません。

1項目づつエラーチェックをしてくれる為、送信した後エラー表示が出ない安心感がこのフォームにはあります。

よくあるのが、長~いフォームに一通り入力して、送信ボタンを押した後エラーが表示!
その後、フォームに戻ると全て消えている…意気消沈。

恐らく多くの人が消えた経験があると思いますが、これはフォームとしては最悪です。資料請求や会員登録にこういったフォームを使っている場合は、間違いなく登録率が落ちていると思います。

企業によっては、フォームから入力させることがホームページの最終目的の場合も多いと思います。
これからはハンゲームのフォームのように使いやすさを徹底して追求するべきなのかもしれません。

ハンゲームの会員登録フォーム

«BACK   NEXT »  

WEBコラムカテゴリー

最近のエントリー

月別アーカイブ