楽天的商品ページ

昨日はホワイトデーだったので、楽天の人気スイーツを何人かにあげてみました。
まずはランキングから人気商品をピックアップ。
そして楽天名物の縦長商品ページをじっくりと見ます。

結局決めたのは、1ヶ月に1回だけ販売する「アリスのミルクレープ」!

1枚1枚手焼きしたクレープに、
アリスオリジナルクリームが丁寧に重ねられています♪
最短27秒で完売!?アリスのミルクレープ♪


これはおいしそうと思い、早速注文!
ネットからホワイトデーのお返し完了です。

そして、きっちりと昨日届いたようですが、解凍する必要がありましたので、
今日食べたとの報告をもらいました。
感想は「ハンパじゃなくおいしい」とのことです。

それにしても、楽天の商品ページは「独特」です。
右の画像は「アリスのミルクレープ」の商品ページとヤフートップページを比べてみたものです。
アリスは縦幅約10.000ピクセル。通常のパソコンでしたら13回もスクロールする必要があります。

ホームページのユーザビリティ関係には、なるべくスクロールをさせない作り方をする方がベストと書いてある場合が多いですが、楽天は完全に逆です。
そして、人気商品ほど縦長の傾向があるように思えます。

実際に買おうとしても、一番下までスクロールしないと買えません。
しかし、売れるのです。売れまくりです。
これには何か人を魅了するヒミツがあるのです。

売れている商品ページの共通点としては、
・縦長
・写真がキレイ(きっちりプロが撮影?)
・ランクイン実績の紹介
・お客様の声を掲載
・数量限定販売
・文字がデカイ

ぱっと見た感じでも上記のような特徴があります。
ホームページはたくさんありますが、こういった独特のページは楽天ならではです。
これがシンプルにスクロールなしのページだったら、魅力半減かもしれません。

売れている、人気の商品には理由があります。
楽天ページを研究すると面白いかもしれません。

«BACK   NEXT »  

WEBコラムカテゴリー

最近のエントリー

月別アーカイブ