Pocket WiFi S II(S41HW)購入

日記  2011/7/18

7月14日に発売されたイーモバイルの新機種Pocket WiFi S II(S41HW)を購入しました。
新機種にも関わらずテルルで一括9,800円SIMフリーAndoroid端末をゲット。
目的は月額1,980円で10分間の通話が月間300回まで定額となる音声機能です。


イーモバイル、HW-01C、iphone3gs

音声端末として使うにあたり電波が気になりましたが、相当悪い電波状況をイメージしていたのにも関わらず、Softbankと遜色なく普通に使えました。
人工カバー率90%なので田舎へ行くとダメダメですが。

料金はシンプルにねんのスマートプランライト580円~+通話定額オプション1,400円、合計1,980円で通話定額となります。
料金的にはウィルコムよりも安くなります。

購入後、S41HWのデータ通信をOFFにしましたので1,980円に固定されるはずです。
さて、音声目的でありながら、スマフォを選択したのは1回10分の通話を自動切断してくれるアプリが使えるからです。
定額時間内に自動切断してくれるならば、何も気にせず電話できます。

まずは9分50秒くらいで勝手に切断してくれる「Auto Call Drop」。
アンドロイドマーケットで157円で売ってます。
起動すると英語の設定画面がでるので「Outgoing max call durati」の部分を580秒くらいに設定しておくと10分直前で自動切断されます。
最後に「Auto Call Deop Disabied」をタップして「Auto Call Deop Actived」になれば常駐化完了です。

次に「通話時間の通知」というアプリもいれておきます。
これは通話中任意の時間にアラームやバイブを鳴らしてくれます。
9分経過時点でアラームをセットしておくと相手に電話切断を伝えることができますので便利です。

2つのアプリを入れ終わったら、他の携帯や固定電話に電話して10分直前で機能するか実験をしておきます。

これで1,980円で通話定額電話の完成です。
端末も一括購入してアシストなし、契約解除料は9,975円のみ。
通話定額オプションを外せば月額580円で維持できます。


▼その他覚え書
2台目、3台目無料を目的なく契約すると危険。イーモバを解約したいとき契約解除料は9,975円×3台分。さらに1台目の通話定額オプションを外すと2台目、3台目は無料じゃなくなる。

wimaxみたいに電波チェックの端末レンタルはやってない。イーモバを持ってる友達を自宅に招くとさりげなくチェックできる。

S41HWの画面解像度はiphone 3gsと同じ。iphoneよりも軽く薄いので、これだけでもいいかも。

イーモバのSIMをiphoneに差しても使えません。イーモバ1,7GHz、iPhoneは 2GHzを使用しているため。SIMフリーとは関係ない。

S41HWの文字入力はつらい。

 NEXT »  

WEBコラムカテゴリー

最近のエントリー

月別アーカイブ