口座番号は半角で書く

日記  2007/12/ 4

オークションなどで、相手に自分の口座番号を伝える場合、見た目を重視して大文字数字で口座番号を書く人がいます。確かに半角よりは全角の方が文字が大きくなり、見やすいかもしれませんが実用性を考えるとどうでしょうか?相手のことを考えるのならば半角で書く方が正解です。

なぜならば、多くの人が利用しているネットバンキングの口座番号入力欄は半角指定だからです。
その為、口座番号を連絡する際に半角で書いてあげれば、受け取った側はコピー&ペーストで口座番号を間違いなくネットバンキングの口座番号欄に貼り付けることができます。

口座番号を全角で書かれてしまった場合は、メールを見ながら自分で打ち込む必要があります。
間違えると厄介ですから、入力には神経を使いますね。
そんな相手の気持ちを考えれば、半角で書いてあげた方が親切だとわかります。

また、名前のカタガナ表記も必須です。
振込みは漢字ではなくカタガナ入力のため、カタガナもメール内に記述してあげればコピー&ペーストが可能となります。

但し、銀行によってはカタガナが半角の場合と全角指定の場合がありますので、両方表記すると親切です。
以上を踏まえて口座番号のオススメの書き方です。

良い例)
○○銀行 東京支店(トウキョウ)
普通 5001234
ヤマダ タロウ(ヤマダ タロウ)

悪い例)
○○銀行 東京支店
普通 5001234
山田太郎


オークションで相手に伝える場合も、ネットショッピングを経営している方が、お客さんに注文確認メールを送る際も、このようなちょっとした気遣いができると、相手も気持ちのいいものです。
参考までに、ジャパンネットバンクの振込み画面(クリックで拡大)↓

«BACK   NEXT »  

WEBコラムカテゴリー

最近のエントリー

月別アーカイブ