目薬もシンプルに

日記  2007/10/22

先日バ○シンという目薬を初めて知り、初めて使ってみました。
なにやらこの目薬は「充血をとる」ということで有名らしく、別名「目が白くなる目薬」です。
モデルが使ってたり写真撮影の前に使ったりと女性に人気の目薬なのです。

しかし、充血をとる目薬って何か変と感じたので調べて見ることにしました。
するとバイシンに関する記事がたくさん出てきます。
その中で注目なのがバ○シンの成分です。

バ○シン10ml中の成分、分量及びその主なはたらきは次のとおりです。
塩酸テトラヒドロゾリン 5mg
http://www.kenko.com/product/item/itm_6611756072.html

バ○シンの成分は塩酸テトラヒドロゾリンだけなのです。
これは血管収縮剤であり、使えば確かに充血が取れたようになりますが、それを日々使い続けると充血が取れにくい目になっていくようです。強制的に収縮→拡張のサイクルにはまっていきます。
この辺は詳しいサイトがありますので見ていただきたい。
http://www.d2.dion.ne.jp/~marumi30/contents%20mm-iryou1-112.html

次に、ケンコーコムで取り扱っている目薬の一部を調べてみました。
以下が成分比較表です。
注目すべきが、やはりバ○シン。

塩酸テトラヒドロゾリンが他社は%表示なのに対してバ○シンはmg表示。
単位が違います。(これを%表示に変換するのは簡単にはできないようです。)
あえて%表示をしてないのは裏がありそうです。
濃度がものすごい高いのかもしれません。

目薬を選ぶ際は成分も気にした方がいいですね。
余分なものが入ってないシンプルな目薬をオススメします。

«BACK   NEXT »  

WEBコラムカテゴリー

最近のエントリー

月別アーカイブ