ついに地上デジタル

日記  2007/10/ 3

地デジ付きDVDレコーダーを購入したのを機に地上デジタル放送に変えてみました。
調べたところ、部屋には地上デジタルの電波が来ていなかったので、地デジ用のアンテナを購入し、自分でベランダに設置してみました。地デジ用のアンテナは長方形の箱型でよくあるアンテナとは全く違います。

購入したのは、ネット上で人気の「YAGI UWPA-K [地上デジタル対応UHFアンテナ ベランダ取付金具・配線用部材セット] 」です。この商品はアンテナとベランダ設置金具がセットになっていますので、買ってきたらすぐにアンテナを取り付けることができます。

見ての通りシンプルなアンテナです。
これで大丈夫だろうか?と思いつつベランダに設置。
そして、テレビと接続してみました。

最初は地デジチャンネルのスキャンから始めます。
スキャンが終わると電波をキャッチできる放送局が並びます。
地デジはここで放送局の電話レベルを数値でチェックすることが可能です。電波が強いと電波レベルが80以上キャッチできるようで、最低でも30ちょっとあればなんとか映るようです。30では怪しいですが…

そこで、私も電波レベルをキャッチしてみると平均65でした。
このぐらいのレベルならば十分みることができます。調べてみると30前後になると映像が止まったり、映らなかったりするようですので、安定的に50以上は電波レベルが欲しいところです。

ただ、現在は本格的に地上デジタルが始まってないので、本格開始後は電波レベルが今よりも高くなるようです。
次に肝心の映像ですが、アナログ放送と比べると雲泥の差です。
電気屋さんで映像は目にしてましたが、家で見るとそのキレイさにびっくりです。

この映像に慣れたら、アナログ放送には戻れません!

«BACK   NEXT »  

WEBコラムカテゴリー

最近のエントリー

月別アーカイブ