目を酷使している方へ

日記  2006/10/24

ネットマニアを見ている方の中に、目を相当酷使している人がたくさんいると思います。
私も1日10時間近くパソコンを見ていますので、目の疲労感は相当なものがあります。
その為、これまでアイマッサージャーやタオルで目を冷やしたり暖めたりと色々やってきました。

ただ、最近実感しているのがマッサージや温冷などの物理的な処方よりも、ブルーベリー系を飲んだ方が遥かに目にきくということです。以前は考えもしませんでしたが、疲労感が全然違います。
ブルーベリー系はここ最近色々試しています。

ブルーベリー酢を2種類と、粒のブルーベリーなど。
飲んだり食べたりしているので、一概に何が良いかはわかりませんが、重要なのはブルーベリーに含まれるアントシアニンです。これが目に良い成分となりますので、アントシアニンの含有量がとても重要なのです。

第二次世界大戦中のイギリス空軍が気づいたアントシアニンの効果ですが、効率的に摂取するために各社の比較表を作ってみました。粒タイプの比較です。

アントシアニン含有量の比較

商品名B量/1日含有量(%)金額/1日
DHC170mg61mg(36%)31円
わかさ生活160mg57mg(36%)56円
インデナ120mg43mg(36%)51円
アムスL200mg72mg(36%)46円

有名なわかさ生活については、アントシアニン含有量をなぜか公表していません。
ですから、同じくビルベリーを使っているインデナ社の含有量36%を当てはめてみました。

比較表を見れば、どれがお徳か一目瞭然ですね。
ただこれは、アントシアニンを比較したものです。他の健康成分は考慮していません。

ブルーベリーを摂取して1週間程度になりますが、目の疲労感を以前よりも遥かに感じなくなりました。
人それぞれだと思いますが、高くはないですので疲労感がある人は一度飲んでみては?

※DHCブルーベリー楽天市場最安値・1日当たり22.8円

«BACK   NEXT »  

WEBコラムカテゴリー

最近のエントリー

月別アーカイブ