情報を捨てることも大事です。

日記  2006/9/13

ネットを使えばあらゆる情報が手に入ります。RSSを使って更新するとスグに情報を得ることもできます。
普段接することがないような情報も、ブログや個人サイト、掲示板などを通して目に入ってきます。
このように情報を得ることは知識が増えて、新鮮で楽しいものです。

しかし、情報をたくさん吸収し過ぎると、常に不必要なことを考えたり心配をしたりする状況が発生します。まさに私はその状態でした。何でも簡単に調べられるので、ちょっとでも興味を持ったら、あらゆる方法で調べます。もちろん、この行動自体は悪くないのですが、どうでもいいことや知らない方が良い情報が世の中にはたくさん存在します。

それらを吸収し過ぎると、精神的に非常にきつくなってくるのです。
今年前半、それに悩んでいました。
パソコンを付けると、ニュースサイトやRSSで膨大な情報をチェックして気になる情報は調べる…

テレビを見れば、ニュース系を徹底して見る。
正に、流れてる情報は全て受け止める状況です。
しかし、これは良くないとだんだん気づいてきたのです。

振り返ると、ほとんどの情報が自分には不要なのです。
そこで、数ヶ月前より情報を捨てることを実行し始めたのです。
ブックマーク・RSSでどうでも良いと思えるものは全て削除。

ニュースも厳選し、テレビニュースも厳選します。
テレビも興味がない時は消しておきます。

こうして、情報を捨てることを実行し始めると、日々の生活がふっと楽になってきました。
ニュースは特に気にしないし、情報に振りまわされることも少なくなりました。
何より、頭がクリーンになって冴えてきたのです。

情報を得ることはもちろん重要ですが、そのうえで情報を捨てることも大事です。
(最初から情報を得ないのは、捨てるとは言いませんが…)

悩んでる人、多いのでは?

«BACK   NEXT »  

WEBコラムカテゴリー

最近のエントリー

月別アーカイブ