コロンブスの卵…

日記  2006/8/25

コクヨから「メモリボ」という商品が発売され、ヒット商品となっています。
この商品は技術的には、そんなに凄い商品ではないですが発想が素晴らしい。
テスト前などに誰もが一度は作ったことがある「単語カード」これがデジタル化した商品です。

暗記帳の便利さ、小ささはそのままで生まれ変わったデジタル単語カード

「memoribo」は、最大で暗記カード2,000枚分(1ページに全角で48文字まで入力可能)の質問と解答をポケットに入れて持ち運べる約50gの電子暗記カードです。

ボタンを押すだけで問題画面と解答画面を簡単に切り替えることができ、ページを自動的に送る「自動再生機能」や問題をランダムに表示する「シャッフル機能」、覚えた語句を隠す「非表示機能」、電源を切ったページに印を付けられる「しおり機能」など、多彩な学習モードも搭載しています。


すべてパソコンで管理できますから、単語カードを1枚づつ作ることは必要ありません。
また、お手軽なので学生のみならず、社会人も資格の勉強やビジネスでの利用が考えられます。
それに記憶容量は単語カード20冊分も入りますので、あらゆる勉強に対応できます。

この商品を知った瞬間、商品自体よりも、その発想に共感しました。
「あ~なるほど…。良いねぇ」と思ってしまいます。
誰もが発想できそうですが、中々できない商品。DSの脳トレに近いものがあります。



コクヨ memoribo メモリボ
特別価格 4,760円

«BACK   NEXT »  

WEBコラムカテゴリー

最近のエントリー

月別アーカイブ