遊びから上達する

日記  2006/4/26

パソコンで新しい技術を習得する場合は、遊びから始めると案外早いものです。
簡単な例ではキーボードを打つことに慣れる為にはチャットが一番だと思います。
メールとは違いリアルタイムですから、早く打たないと会話になりません。

だから自然と早く上達するのです。しかも面白い。
単純に打つ練習をするよりは遥かに早く習得できます。
他のソフトも同じです。ただ単に覚えようとしても簡単には上達しません。

私は、当然ながら昔はPhotoshopが全く使えませんでした。
レイヤーって何?どうやって色変えるの?どうやって大きさ変えるの?
本を買ってきて、例題どうりにやってみますが集中力が続きません。

結局面白くなくて、全然触らない時期がありました。
しかし、デジカメを買ってから友達などの写真を頻繁に撮るようになり、
それを更にパロディ化や合成などをして楽しむようになりました。

それからは上達が早かったです。
面白い写真を作れば、みんなが笑ってくれる。
雑誌やテレビで見るような合成写真を作れば、みんながスゴイと言ってくれる。

きっかけが驚くほど早く技術を上達させるのです。
その上達途中に技術本をプラスすると、更に早くなります。
結局、目的がはっきりしないとヤル気がおきないんですね。

今日は、そんなことを再認識させる日でした。
半年前にビデオ編集ソフト・Ulead VideoStudio 9 を買いましたが、全くやる気がおきず放置していました。
ビデオとFLASHの融合や、最近のビデオバナー広告なんかを見ると習得した方が良い技術です。
その代表的なソフトを選び増したが、買っただけ。

しかし、昨日たまたまビデオを撮影する機会があってとりあえずパソコンに取り込みました。
圧縮して終わろうと思いましたが、友達の一人がビデオの中で面白い行動をしていました。
ちょっと遊んでみようと考え、まず文字を載せてみました。

案外簡単にできました。
文字を載せる秒数も、マウスでスライドさせるだけ。
また、フェードイン・フェードアウトも意外と簡単。

動画の中にイラストや写真を載せるには、単にファイルから選ぶだけ。
動画をつなぎ合わせるには、タイムラインの上に動画ファイルを置くだけ。

という感じで以外にも簡単にできちゃいました。
バラエティ番組に近いテロップなんかも簡単でした。
たった半日で、一通りの動画編集ができたのです。

単に編集ソフトが優秀なだけかもしれませんが、重要なのは「きっかけ」や「目的」なんだと再認識しました。

«BACK   NEXT »  

WEBコラムカテゴリー

最近のエントリー

月別アーカイブ