サービスと利益

日記  2006/1/23

企業経営をしていくには、必ず利益を上げないといけません。
当然ながら利益を上げなければ、会社は存続できません。
そこでよくある問題が、「理想」と「現実」のギャップです。

理想的にはこうしたいが、現実を考えるとこうするしかない。
現実というのは、大抵の場合利益となります。
そんなギャップを色々な局面で目にすることができます。
ギャップを考えると目の前の現実を納得することができます。

もちろんネットの世界にもたくさん存在します。
例えばYAHOO!ニュース。
トップページのニュースタイトルを見て、記事の本文を見ようとした場合、2クリック必要です。
トップ→ニュースの概要→ニュースの本文。

理想を言えば、トップページからのクリック直後に本文が表示された方が便利ですよね。
1クリックでニュースの本文が読める。
なぜそうしないのか?

その疑問を先ほどの理想と現実に当てはめてみると・・・
YAHOOニュースは無料で購読できる。じゃあ何で利益を出すかと言うと、広告です。
YAHOOの広告は基本的にPV型であり、表示された回数によって金額が変わります。

その為、1クリックで本文を読ませるのと、2クリックではページビューが2倍違う。
つまり、広告収入に大きな差が出るわけです。
利益がそのまま倍になるかは知らないが、少なくとも2クリックの方が利益は上がります。

2クリックの理由がこれだけではないかも知れないが、大きな部分を占めていると思います。
また、YAHOO掲示板についても、2chの掲示板に比べたら明らかに見づらい。
しかし、先ほどのページビュー収益で考えたときはどうでしょうか?

企業利益的には、2chよりYAHOO掲示板方式の方が圧倒的に有利です。
YAHOO掲示板の使い勝手については、ユーザーよりたくさんの意見が届いていると思うが、利益の視点に立った場合、改善は難しいでしょうね。

逆に、ユーザーの意見ばかり尊重し利益を追求しなければ会社の体力が劣っていき、良いサービスが期待できないか、サービスが停止が予想されます。
このようにあらゆる局面でギャップを感じることができます。

«BACK   NEXT »  

WEBコラムカテゴリー

最近のエントリー

月別アーカイブ