Windows Vistaって…

  2007/1/31

ついに話題のwindows Vistaが発売となりました。
というわけで早速DELLのホームページを見るとVista搭載のパソコンが販売されていました。
その中で想定外だったのが…OSがVistaだけで、XPパソコンが販売されていません。

新しいOSだから当然でしょと思うかもしれませんが、Vistaの一番のネックはその重さ。
普通のメモリではサクサク動きません。一応512MBがVistaが動作する最低限のメモリーとなっているようですが、本当にスムーズに動かそうとするならば2GBは必要でしょう。重くても我慢するならばいいですが…

以前の記事にも書きましたが、メモリスティックがメモリ代わりになるとは言え、いつも差して使うのはイヤですし、標準メモリとメモリスティックが完全に同じ機能を果たすわけではありません。

その為、Vista搭載パソコンを買うならば2GB以上のメモリが必要と考えられるのです。
となるとDELLパソコンの値段がどう変化するのか?見積もりを見て唖然とします。

■ノート:InspironTM 640m ベーシックパッケージ

本体価格:80,934円 → メモリ2GBで 152,934円 差額:72,000円


■デスクトップ:DimensionTM C521 ベーシックパッケージ

本体価格:79,981円 → メモリ2GBで 96,981円 差額:17,000円


なんとノートで72,000円の差額、デスクトップで17,000円の差額です。
ちなみにwindows XPであれば、512MBで十分動きます。
それと同様にVistaを動かそうと思えば、この差額が必要ということでしょう。

予測の域を出ないですが、ウワサを聞く限りVistaのメモリは2GBが必要っぽいです。
でも、その為に7万も追加で払うのはイヤですよね。
WindowsXP搭載パソコンの価値が上がるかもです。

WEBコラムカテゴリー

最近のエントリー

月別アーカイブ